吉田城 三ノ丸 茶室「千切庵」 数寄屋門 【ひかりつけ】

 

豊橋市 吉田城の三ノ丸にある茶室「千切庵」の数寄屋門の控え柱が腐食に伴い取り替え

先日、現場にて丸太柱と根石との【ひかりつけ】をして取り合いを加工

現在は、作業場で貫穴等の仕口加工の最中です

 

伝統大工技術の一つ【ひかりつけ】

柱の足元は根石[自然石]の凹凸の形状にあわせて加工する

数寄屋建築では、元と末の太さの異なる丸太を

いかに自然の木立をイメージした美しさに加工し

組み立てていくかが要になる仕事の一つ

 

近年では

いわゆる近代建築の隆盛と、材料・工具等の変化に伴い

伝統木工技術を継承・体得する者は少なくなり

技術水準は低下の一途を辿っている現状・・・

 

 

 

 

 

 

株式会社 望月工務店  /  望月建築設計室