豊川市 篠束町 伝統的構法・石場建ての家 材木

 

豊川市篠束町の伝統的構法・石場建ての家

御主人が、滅多に無い機会だから自分達の家になる材木を子供達へ見せてあげたいと言われましたので

昨日24日に、1年前から確保して天然乾燥してます望月ゾーンの材木を

新城市 杉生 峰野社長の説明を受けながら材木を見てもらいました

 

 

加工前には杉生に出向き、軸組図と照らし合わせながら木柄を見て

柱・横架材を番付を振ってから出してもらってますが

峰野社長、望月の目利きは厳しいから材の手配も大変だよ・・・と苦笑いでつぶやく

杉生さん、いつも御手数をお掛けしてます m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

株式会社 望月工務店  /  望月建築設計室