岡崎市の古民家再生

約127年の古民家

伝統構法建築物を限界耐力計算で耐震化しながらのフルリフォームの計画

ある程度のスケルトン状態まで解体が完了し

湿気と白蟻対策の土間打ちの工程へと入りました

コンクリート下には防湿・防蟻用シートを使用

シートの重なりは専用の防蟻テープ20mを9本使用して処理

柱石の周辺はシートを袴状にしたりと、柱石周りにシートとの隙間を作らない様に処理をする

現場は高低差が多い土地の為、ポンプ車で上手くフォローが出来て良かったです

 

 

 

 

 

株式会社 望月工務店 / 望月建築設計室